Android開発環境 for Mac

結構めんどかったので備忘録を残す。

開発環境
Mac OSX10.4.11
Eclipse 3.3(Europa) 日本語適用済

1.Android SDKインストール
Android SDK を以下のサイトからダウンロードする。

http://code.google.com/intl/ja/android/download.html

・I agree to the terms of the SDK License にチェックする。
・Android 1.0 SDK, Release 2 から Mac OSX(intel) の android-sdk-mac_x86-1.0_r2.zip をダウンロード。
・Eclipse用の Android Development Tools(以下、ADT) Plugin は後で入れる。

2.Android SDKを設置
android-sdk-mac_x86-1.0_r2.zip を解凍し、Applecationsフォルダに設置。
android-sdk というフォルダ名に変えた。(別に変えなくても良い)

3.パスの設定
EclipseからSDKを読めるようにパスの設定を行う。
ターミナルを起動し、以下のコマンドを実行する。

export PATH=$PATH:/Applications/android-sdk/tools

だけでOK。

4.Eclipseの設定
ADT Plugin のインストールを行う。
インストール方法は

http://code.google.com/intl/ja/android/intro/installing.html#installingplugin

を参照すれば分かる。

5.ADT Plugin の設定
メニューのEclipse > Prefereces を選択。
[設定]という画面が表示され、画面左のリストに「Android」が追加されているのが
確認できる。それをクリック。
すると、SDKロケーション が未設定なので、

/Applications/android-sdk

を『適用』し『OK』で設定は完了。EclipseとADTが紐付いた。

6.Android Project の実行
後はプロジェクトの作成で、Android Project を選び開発する。

SampleAndroid
上はメニュー画面。まるでiPhone 笑(持ってません)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0


コメントを残す