Posted on

今宿青木獅子舞

八雲神社
今宿青木にある八雲神社。実家から歩いて行ける距離なのに初めて来ました。もしかしたら、子供の頃に祖父に連れて行ってもらっていたかもしれない..
神社には、市指定文化財の「若武者絵馬」が奉納されており、黒田藩四代藩主綱政が、元禄14年(1701)青木神社(祇園社)に奉納したもので、筑前御用絵師の重鎮狩野昌運(かのうしょううん)の筆になる。黒田藩といえば今年の大河ドラマは「軍師黒田官兵衛」ですね。
今宿青木獅子舞
鳥居を潜って勢い良く獅子の登場となります。ここで子どもたちが一斉に泣きます。
今宿青木獅子舞
郎八のひげ剃り。ポーズが面白い。
今宿青木獅子舞
猿と獅子。
今宿青木獅子舞
囃子を立てる青栄会の人達。この青木獅子舞は第二次世界大戦、後継者不足の為、中止された期間があったようです。皆さんいい歳の方ばかりで2名ほど若い子がいましたが、また継承する人が途切れたらこの風景も見られなくなってしまうのだろうか。
今宿青木獅子舞
郎八の獅子打ち。
今宿青木獅子舞
源丞の餅搗き。やはり劇が中止された期間があるためか、大分デフォルメされていて、本来の劇とは変わっているように感じました。囃子もどことなく「博多松囃子」に聞こえてきたり..。当日は、唐津街道前原宿研究所の有田氏も来ており、地元の歴史を楽しく語りました。地元を知るということがいかに楽しく、大切なことなのかわかって来た気がします。

Posted on

Sketch at the Mt, Bishamon

IMG_2947
毘沙門山はまだ2回目。糸島芸農の糸島プレツアーのとき以来振りではあります。この山への山頂ルートは比較的楽で、9合目付近まで車で登ることが出来ます(小さい子供がいても大丈夫!)。山頂は整備され開けているので、糸島を一望することが出来る素晴らしい景色を堪能することが出来ます。右は宮浦、中央は柑子岳・九州大学、左には井原山を源流とする瑞梅寺川が今津湾へと注がれています。古代だと、瑞梅寺川南が怡土国、北が志摩国だったのかな。山頂には誓願寺というお寺があり、1175年(安元元年)に開創。臨済宗の開祖である栄西が滞在していた場所でもあります。

毘沙門山
この日は家族スケッチ大会。日増しに絵がうまくなっている娘。親の血を引き継いでいるんだなと関心した時間でした。

Posted on

木酢

キズ(木酢)は、ユズ・スダチ・カボスなどと同じく、酸味や香りのために使われる柑橘で、福岡県の特産として栽培されています。といっても僕もここに来るまでは知りませんでした。スダチ、カボスより香りよくて味も良いので沢山採ってきました。これからが旬の秋刀魚似合わせると最高です。

三箇山の木酢

三箇山の木酢

三箇山の木酢

三箇山の木酢

三箇山の木酢

三箇山の木酢

三箇山の木酢

三箇山という地区で高齢化が進んだいわゆる限界集落。妻の祖母が居なくなれば恐らく来ることはない。
その日が来るまでは、子供たちをできるだけ沢山連れて行きたい場所。