Posted on

Nginxで何も返さない場合は444

この記事は備忘録です。

Nginxで未定義のホストヘッダにリクエストがあった場合、HTTPステータス・コードは444と書く。
例えば、nginx.confファイル等に以下の様に記載する。
[cc lang=”php”]
server_name foo.dev www.foo.dev

# No Response
if ($host !~ ^(foo.dev|www.foo.dev)$){
return 444;
}
[/cc]

そして、naiyo.foo.dev でアクセスすると、ステータス444を返します。
444って何だろうと思ったらnginx独自仕様
HTTPステータス・コードに標準外のコードがあるとは知らなかったし、444ってなんか縁起悪い数字ですよね。

Posted on

Klab×ペパボ合同勉強会

発端は、IT Developerが企画する福岡のクラブイベントAfroTempleというイベントで知り合った@motodakさんと一緒に勉強会して他の会社がどんな感じで勉強会しているのか、他の会社の技術者に対して話す機会、コミュニケーションをする機会があると刺激にもなるしお互いに取ってプラスになるんじゃないか。といった流れで、「Klab×ペパボ合同勉強会」が実現しました。(※福岡です)
第0回の内容としては、web socket, web storage, oauth など。僕はかなり資料がぎりぎり(Web Sql Database と同じ,行き詰っていました..)でしたが web storage について調べてみた事をつらつらと話させていただきました。
なかなか新鮮な勉強会でした。楽しかった〜。

Posted on

Indexed Database

HTML5 勉強会@福岡 – 第8回で Indexed Database がどのようなものか聞いてきました。以下は備忘録です。

用途
web アプリのプラットフォーム
スマートフォン、モバイルなどオフラインでも使いたい。
やはりアプリ、ゲーム用途が多いのかなと言った印象

3種類のローカルデータベースAPI
Web Storage:ごく簡単なデータ保存。なのでcookieの代替手段的な使い方
Web SQL Database:あまり進んでいない。なくなる?
Indexed Database:一番利用用途が広い。key value store ライクな使い方

Indexed Database
KVSっぽいけど、キー以外にもインデックスをつけられる
トランザクション使える
FireFox4で実装される(ちなみにfirefox4 beta2ではまだ使う事ができませんでした)

API
非同期:結果をイベントハンドラで受け取る
同期:結果をメソッドの戻り値

キーの種類
in-line keys プロパティをキーとして使用
out-of-line keys 自動採番

レコードの取得
idx.get() 1レコード
KeyRange 範囲指定による取得(only,leftBound,rightBound,bound)

トランザクション
read only
read write
snapshot read
commit/abort(rollback)
非同期APIではcommitはない

Web Storageであれば利用できるので試しに使ってみましたが、Todolistやアドレス帳以外の
利用用途が思いつきません(頭固い)…Indexed Database を早く触ってみたい感じです。

Posted on

GAEをほんのちょっと触ってみた2


最近更新を滞っています.一応元気.

先週末は奥さんのサイトをリニューアルしていました.もちろんFrameworkはCodeIgniterを使っています.見た目スッキリさせて,mailformの不具合修正.あとプロフィールページは,英語表示(ブラウザの言語設定が「英語」)に対応してみたりしました.それでもって微妙にhtml5っぽくしました.

今日は久しぶりに気分転換,いや家族サービスのためマリンワールドへ行ってきました.子供は初めての水族館.

そして昨日はGAEを少しだけ触っていました.
Twitter&Google App Engineで始めるWebプログラミング入門 ― 第1回 を参考にGAEに乗せて見ました.

・アプリの登録
TwitterでOAuthを利用するため,アプリの登録を行う.
 https://twitter.com/apps
ここで以下の2つのキーを認証に利用する.
 Consumer key
 Consumer secret

ユーザー情報の外部アプリにTwitterアプリケーションとして追加されました.

サンプルでは以下のライブラリが使われていました.

・Twitter OAuth ライブラリ 
 AppEngine-OAuth-Library の oauth.py を使用.
・pythonでcookie操作を行うクラス
 A simple Cookie class を使用.

view,cssディレクトリを作ってファイル構成を以下のように少し変えてみた.
実際編集したのは main.py だけ.

app.yaml
index.yaml
main.py
oauth.py
simple_cookie.py
css/main.css
view/login.html
view/home.html

GAELauncherよりDeploy.結果こんな感じ