投稿日:

ギャラリー画椰






唐突ですが、facebook便利ですね。色んな方からイベントの招待が来ると思いますが、昨日はグループ展を見に「ギャラリー画椰」へ。このギャラリー画揶さん、名前は聞いたことあったのですが、どこにあるのかもよくわかっておらず住所を確認しながら無事到着。場所は東油山という油山の麓にありました。写真の動物たちは、デザイナー菅野彩さんの作品(油山観光道路沿いには看板は出していないので、事前に場所を確認していた方が良いです。)
お手製のコーヒーを飲んでまったりした一時でした。ギャラリーのロケーションもよくすごく静かで窓から緑が見えるのは落ち着きます。せっかく油山に来たので展望台まで登ってみました。何年ぶりだろうか、かなり久しぶり。少し前まで手前の都市高なかった気がします。こう見ると福岡も大きくなったな。

話変わって…
少し前に明星和楽というイベントに行ってきたのですが、これから福岡という都市は経済的に非常に重要な都市に変貌していくのではないかと感じずにはいられないイベントでした。イベント当日は長くいられなかったのですが、高島市長のプレゼンではわかり易く今後の福岡を説明しています。本当に話が分かりやすい(もちろん旨いってのもありますが、、なんとなく大阪の橋下氏に似ているものを感じます。)こういう市長が話すと市民は政治や市の取り組みに関心を持つんでしょうね。堅苦しい、理屈ばかり並べるような政治家、議員さんの言葉なんて耳に入ってきませんよね。とかなんとか偉そうなことは言える立場ではないので詳しくはサイトを見て下さい。

参考サイト
明星和楽メインステージプレゼン一覧(ZENPRE)
*明星和楽* 福岡市の目指すデジタルコンテンツの街
福岡を日本一のスタートアップ都市にするには

投稿日:

北九州tarvel

呼びかけ人の越路さん、コーディネーターに基地プロジェクトの貞國さんたちと共に北九州へ行ってきました。門司港レトロや小倉駅周辺には行ったことがありますが、今回行った場所は全て初めて、かつ刺激的(個人的に)な場所ばかりでした。

新しい観光の形を作っている越路さん。今後の活動がかなり楽しみです。

投稿日:

ランタンワークショップ

ランタンワークショップ
ワークショップの様子
週末は、white canvasのイベントで初めてカボチャのランタンを作りました。
参加者の予想以上の沢山のお子さんとお母さんに参加して頂きそれはもう賑やかでした。もちろん僕も、お手伝いで沢山の子供たちのお手伝いしたり、お話ししたりで楽しみました。いやー、子供たちを見るとなんだか癒されますね。
その後は、ちょっとしたパーティー。小宮さんと久しぶりにお会いして、漆の話を初めて聞きました。匂いがアレの匂いがして大変なのは意外。。。
小宮さんは柳川在住の漆職人。本業は明治二年創業の漆仏壇店の営みながら、方やデザイナーとして活動している僕の中ではすごい人。(粋なプレゼントありがとうございました。)

小宮仏壇店 http://komiyabutsudan.com/
individuallocker http://www.individuallocker.com/

個展は11月28日(日)まで開催していますので是非お越し下さい。

投稿日:

ワークショップとお勉強会セミナー

ブックカバーデザインワークショップ

先週の話になりますが、Local Design Project Koe主催のオリジナルブックカバーを作るワークショップに参加してきました。上は作成風景、作成過程は人それぞれで、イラストや切り絵の作業・パソコンを使った作業を行っていました。今回教材としてお借りしたブックカバーはBook at meで見る事ができます。11月3日まで開催中ですので是非足を運んで下さい。

昨日は、エフ・ディ デザイン塾でお勉強会セミナーでお話させてもらいました。普段言っているウェブの勉強会と違い、聞きに来られた人もグラフィックデザイナーの方が多く。皆さん熱心に聞かれていました。僕自身もその後の懇親会を通して色んなお話が聞けてとても充実した時間を過ごす事ができました。

来月も、Koeでワークショップを行う予定です。詳細が決まったら報告させて頂きます。

投稿日:

万野幸美展覧会『white canvas』

イラストレーター万野幸美 展覧会  white canvas

10月3日(土)から開催予定の奥さんの個展のサイトを作りました。

万野幸美展覧会『white canvas

トップをあわせても全5ページしかありませんが、個展の雰囲気が少しでも伝われば良いなと思います。
実際の絵の大きさは大きいもので幅8m です…8メートル?!
場所は博多リバレインの「ギャラリーアートリエ」です。是非、足をお運びください。また今回の個展を機に、ついに奥さんがTwitterを始めました。よければフォローしてあげてください。

以下は余談。今回のサイトではテストでしか使ったことのないプラグイン,APIを多く使ってみました。
Google Font API…種類はまだ少ないのですが一番イメージに近い Tangerineフォントを使用。
jQuery Supersized…全画面背景を設定できるjQueryプラグイン。イラストや写真サイトにぴったり!
jQuery mouseWheel Plugin…マウスホイールの操作を向上させてくれる
jplayer…使うつもりでまだ使っていませんが、映像に合わせて音が乗るとより一層引き立ちます。
ということでそう、jQueryばかりです。なのでiphoneでも見れますね!

投稿日:

caesu展はじまりました

万野幸美個展作品の制作風景

昨日は、アートリエの小宮さんからのお誘いで、7/31から始まった、「caesu展」のacomiさん、泉山さん達の無事開催お疲れさま会(すいません勝手に付けました)に家族三人で参加してきました。なぜかと言うと、今回のcaesu展の映像に奥さんと、娘がモデルとして参加しているからなんです。まだ映像を見ていないのですごく楽しみにしています!

acomiさんは布作家として活動されている方で、今回のcaesu展の作品でもある日傘は1つ1つが手作り、そして使われている布も様々なデザインのものがあって見応えあると思います。そして映像を作られた泉山さんはH.P FRANCEのプロダクト映像など手がけられている方です。二人に共通するのはもとは東京が出身または活動拠点だったのですが、いまは愛媛そして福岡と拠点を変えられています。

なぜいま福岡なんだろうと泉山さんに質問すると、(かなりうる憶えですが..)福岡は、生活だと何よりも住みやすさ。仕事だとそれなりに自信の活動が見せられる、認知してもらいやすい環境がある的な話だったと思います。(間違っていたらゴメンナサイ訂正します)僕は生まれてずっと福岡に住んでいる人間なので正直わかる!とは言い切れないのですが、「なんでもまずは受け入れる」体質って福岡は強いんじゃないかなーと。だから今の福岡があると思います。まずは色んな事を受け入れる。そして福岡の風土にあった形に少しだけ変えてそれが町に浸透していく。それを繰り返しているのかなと。イギリス情報誌「MONOCLE」の「世界で住みやすい都市ランキング」に福岡市が世界で14位と言われてもずっと住んでいる僕には確かに住みやすいけど世界で14位はピンと来ないですよね..

で、caesu展の後はいよいよ奥さんの個展です。写真は制作現場、というか家の中(僕のいる場所はありません)
ちなみに個展サイトを僕が担当しています。こちらも楽しみにして下さい。

『caesu展』
会期:2010年7月31日(土)~9月26日(日)
会場:ギャラリーアートリエ
出展:acomi(布作家)、泉山朗土(映像)

投稿日:

餅まき

構想3年。ついに棟上と言うことで、餅まきに参加しに行きました。家の目の前は大きな川。しかもすぐ近くの橋から、中学生位の子どもたちが川に向かってダイビングですよ!確かに今日は熱かった。自然と都会が近い福岡ならではの風景なんじゃないでしょうか。

餅まきなんて7,8歳位のころに参加した以来かもしれない。確かにマンションが増えたと言う理由もあるけれど、地元に家を建てることも減っているのでなかなか見ないですよね。親戚、友達、近所の人達。みんなでわいわい言って、子供たちは一生懸命お餅、よりはお菓子を取って喜んで。こういう風景はいつまでも残って欲しいものですね。うちもしとけば良かったかな。

すごく立派でお洒落な家になりそう。完成したときに遊びに行かせてもらおうかな。

投稿日:

画廊カンヴァス

博多織デベロップメントカレッジを経て、博多織職人として活躍されている田代さんと画家の旦那さんの作品を見に赤間の画廊カンヴァスへ行ってきました。

博多織のことを初めてちゃんと聞いた気がします。博多織デベロップメントカレッジでは博多織の伝統技術を習得し、博多織を継承残していくために発足。この学校は10年という期限付き。何故かと言うと、手織りができる博多織職人の高齢化が進み、「あと10年であれば教える事ができる」これが最大の理由。その文化・伝統を守ろうと田代さんは活動されています。

作品は美しさの中にも力強さがある。というか、博多織でできた織物は固くそして丈夫なのでそう感じるのかもしれません。見たことある人には伝わります、よね。

画廊カンヴァスは赤間宿の中にある築80年の古民家。アートを訪ねる月にも参加されています。この画廊の通りは、旧唐津街道の宿場町として賑わった赤間宿ということもあり、古民家も数多く残っていて当時の様子を知ることができます。それと面白いのは出光○○、◇◇出光の看板が沢山あってなんでだろうと聞いたら、出光興産の創始者出光佐三の生地らしい。なので当然、下の名前で話さないとみんな振り向く感じです。出光さんも(時代は全然違いますが)テレビでやっている龍馬伝の岩崎弥太郎のように志しもって成し遂げたんだろうな..

全然違う話題ですがWeb Site Expert #30(30号おめでとうございます)のWordPress特集で少しだけ執筆させていただきました。それと、生協の雑誌『クリム(良品セレクション)』で奥さんの作品の通販が始まりましたのでよければ見て下さい。

投稿日:

Kuala Lumpur Design Week 2010

kualalumpurDW2010

Kuala Lumpur Design Week 2010Japan Young Illustrators Exhibitionsの中で,奥さんの作品が出展されます.
これを機にマレーシアへ行ってみては如何でしょうか.
僕は行く時間も予算もないので遠くから見守る感じです. : – )

 ■Kuala Lumpur Design Week 2010
 クアラルンプール・デザイン・ウィーク2010
 http://www.kualalumpurdesignweek.com.my/2010/
 会期 2010年5月1日(土)~16日(日)
 開催地 マレーシア・クアラルンプール

投稿日:

万野幸美エコトートバック

万野幸美エコトートバック
奥さん にとても素敵なものを作ってもらいました。
写真ではなかなか伝わり難いのですが、額から絵を切り出したくらいの存在力があります。しかも結構大きいので、frameworkとかAndroidとかoreilly本とかガンガン持ち歩いちゃいます。
身内を褒めるわけではないですが、ほんとこれはかっこ良い。

これを持って天神界隈をぶらぶらしますのでよろしければ是非 「あ、エコグラマーさん?」 とでもお声かけて下さい。笑