Posted on

家の植物

ブレッドレア

梅雨真っ只中ですね。でも植物たちは雨に打たれても元気に育っています。ということで、家の植物たちを撮ってみました。外に出られなくても、植物を見ているとそう悪くないものです。植物たちはすべて行徳さんから。
レボリューションゴールド
レボリューションゴールド
うちのシンボルツリーです。背丈が植えた時より2倍近く、2.5メートルくらいに育ちました。とにかく黄緑の葉色と、匂いがいいです。昨日少し剪定したので、写真のものよりもう少しシルエットが綺麗になっています。

パンパスグラス
ここに来てかれこれ3年経ったと思います。腰くらいの背丈だったパンパスグラスですがいまは背丈ほどの高さに。秋に花を咲かす植物ですがなぜかまだ咲いたことがない。

ブレッドレア
ブレッドレアだったと思います。植えた時よりかなり大きくなりました。円錐状に小さな赤紫の花が沢山咲いて鮮やか。

ブルーベリー
2年目のブルーベリー。今年もしっかり実を付けています。ぼちぼち食べることができそう。

ギボウシ
今年植えたギボウシ。他にも数種類。日陰を好む植物なんで場所を選んで植えたつもりなのですが意外と日に当たっています..今は白い花が咲いています。(雑草が..)

Posted on

ギボウシ

行徳さんにBBQの招待を受けて家族で甘木へ。

ギボウシ
これはギボウシ(Hosta属)という植物で、木陰ができて乾燥しない場所を好むという事で家にぴったり。緑、青、黄色系のものと斑入りのものを1つ。同じ緑と言えど、これだけ違うと鮮やかですね。行徳さん曰く「この次期はどんな植物でも一番きれい」と。丁度、甘木に向かうときも奥さんも同じようなこと言ってたなー。


それとずっと物干し台を探していたのですが、これはアンテナのようなデザインがいいです。支柱の穴を作って物干し竿?を挿すだけ。見たとおり傘がひっくり返った形状で、開閉も傘と同じ仕組み。風が吹くとくるくる回るようになっていて、効率良く服を干せるらしい。枕、クッションもワイヤーの上に置けて丁度よさそう。何よりもシンプルなデザインがいいですね。

Posted on

Shigemori Gyotoku

庭の植物でお世話になっている、行徳さんが FuguNo.88 で紹介されていました。(P44〜49掲載)やはり植物に対する情熱と取り組みがすごいのだなと関心してしまいます。電話してたら必ず「ところで庭の植物は最近どーね。元気しとるね?」と言った感じで、その度アドバイスをもらって、その通りに世話すると植物も順調に育って行く。おかげで植物たちも枯れず、順調に育っています。
少しだけ説明、両筑植物センター(福岡県朝倉市)では、オーストラリアプランツや、斑入りの植物を育種しており、国内でもかなり珍しい植物が沢山あります。3年位前からの付き合いでいまでは家族ぐるみでお世話になっています。庭の写真を、、と思ったのですが、奇麗に撮った写真がなくてスイマセン。よければこちらをご覧下さい。

左のツンツンした植物は、パンパスグラス。南アメリカの温帯原産の常緑宿根草。2年半で約1.5倍に成長しました。

奥の植物も大半は行徳さんセレクト。一番右のエンジェル・トランペット(ラッパ水仙)はうちの母から。この人も植物にかなり詳しい人で植物屋さんにアドバイスする位..ただの世話好きと言えばそれまでですが。ちなみに左の小屋のイラストは万野幸美が描いてくれましたよ!

もう12月になりましたね。今年1年やり残しがないよう師走って行きましょうかね。