Posted on

バイクも電気の時代

今まで乗っていたミレットを手放して、新型のミレット「ミレットLi500」に替えました。初代のミレットと見た目こそは大きく変わっていませんが、変更点として、車体の軽量化。バッテリーが鉛蓄電池からリチウムイオンに変更。登板能力up。メーターがLEDに変更等。うちの場合、坂を登らなくては行けなくて、初代ミレットだと必ずペダルを漕がないと登ることが出来ませんでした。しかし、新しいミレットは全然違います。坂を登れることはもちろん、バッテリーの持ちが良くなったように思います。それと何気に充電器を格納するケースが付いたのも嬉しい。(今まではバッグで持ち運びしていました。)最近だと、このかたも乗られているようですね。

で、このバイクとの出会いは、電気バイクを調べていたら糸島でモーターを開発されている明和製作所で取り扱っていたんです。糸島にもこんな会社があるんだと思い購入に至った訳です。もちろん、他のメーカーからも電気バイクは出ていますが、高額の割にそこまで性能が良いかと言うとそうでもないんですよね。(以前書いた記事を参考に。)

miletto_li
ミレットLi500 後ろのケースに充電器を入れます
miletto
通常のバイクよりスマートなシルエット
miletto
メーター部分は青色LED

バイクも電気で走る時代。もしバイクの購入、買い替えを考えている方は、選択肢に入れてみてはいかがですか?

ミレット http://prozza.com/miletto_li/
明和製作所 http://www.meiwa-ev.com/

Posted on

see/saw

see/saw

メンバーに知っている方が参加していたので早速、プロダクトデザインユニットsee/saw(シーソー)のProduct Design 展「ごあいさつ」に行って来ました。写真は会場入口に展示されていた、宮内大樹さんの作品。トナカイがすごく素敵でした。
see/saw
どの作品もすごくアイデアが良くて、いくつか欲しい作品があったんですが、1点厳選して購入。忘れてはいけません、もちろんminneの話もして、ありがたいことにminneのチラシもおいて頂きました(ありがとうございます!)是非是非作品を掲載・販売して貰いたいです。そんなsee/sawの展示会は、11月20日(火)まで。
see/saw
20日と言えば、糸島の明和製作所さんからEVバイクの取材依頼がありまして、昨日うちで取材が行われました。多分ほんの少しだけか、編集で映らないかもしれませんが、20日のアサデスという番組で取り上げられるようです。EVバイクって価格が割高というイメージがある方も少なくないと思うんですが、普通の原付バイクと値段は変わりません。製品によっては原付バイクより安い物もあります。それにうちは山に住んでいるので当然坂ばかりな訳ですが、原付ほどパワーは少ないけれど、坂をスイスイ登ってくれます。EVバイク福岡、糸島発で普及していくと良いですね。
EVバイク

Posted on

緑米のお餅

今日は伊都安蔵里で、地元で採れたお米・野菜、お餅が振る舞われました。特に興味深かったのが緑米(もち米)という種類の米。赤米と同じ古代米の一つで粘り・甘みがしっかりした穀物です。勿論、僕も餅つきしましたよ。一部の人は知っていると思いますが、何より餅・団子類には目がなく毎日食べても良いくらいの餅好きです。(ここにも書いています)



納屋を改修した安蔵里かふぇ。コーヒー豆もオーガニックのものを使用されています。


ここでは地元糸島で採れた無農薬野菜をはじめとした沢山の食材が販売されています。

いつ行っても落ち着く安蔵里カフェの二階。本棚には沢山の建築・デザイン誌が置いてあります。

Posted on

EVバイク

まだまだEVバイクは普及し始めたばかりなのかなということで、各社どのようなEVバイクを展開しているのか簡単にまとめてしました。

YAMAHA EC-03
全長×全幅×全高  1,565mm×600mm×990mm
車両重量 56kg
1充電走行距離(定地) 43km(30km/h)
定格出力 0.58kW
最高出力 1.4kW(1.9PS)/2,550rpm
最大トルク 9.6N・m(0.98kgf・m)/280r/min
バッテリー種類 リチウムイオンバッテリー
充電時間 約6時間
価格 252,000円

HONDA EV-neo
全長×全幅×全高 1,830mm×695mm×1,065mm
車両重量 106kg
1充電走行距離(定地) 34km(30km/h)
定格出力 0.58kW
最高出力 2.8kW(3.8PS)/5,000rpm
最大トルク 11N・m(1.1kgf・m)/2,000rpm
バッテリー種類 リチウムイオン電池
充電時間 急速充電器(200Vの電源が必要)を使用すれば約30分で満充電
価格 454,650円〜

Prozza Miletto(ミレット)
全長×全幅×全高 1,770mm×680mm×1,050mm
車両重量 59kg
1充電走行距離(定地) 35km(30km/h)
定格出力 0.35kW
定格トルク 6N・m
バッテリー種類 ディープサイクル鉛蓄電池
充電時間 2~4時間。充電残量がない状態だと約8時間必要
価格 138,000円

その他に、カラーバリエーションがEC-03はホワイトとブラックの2色、EV-neoは1種類のみ、ミレットはカラーバリエーションが12色もあるのが嬉しい。個人的な感覚ですが、EC-03、EV-neoは名前とデザインがもう少しかわいいと良いのにな、、とか。
ミレットに決めた理由は、デザイン(カラー)とコストパフォーマンス。走行距離がそこまで差がないのに価格差が激しいので迷いようがありませんでした。欠点は出力が弱いので、坂道は速度が落ちます。なので搭乗者の体重が軽い方が快適に走れます。車もですがEVバイクもどんどん普及していくと良いですね。
あと糸島くらし×ここのき[天神イムズ4階]にて、糸島で活躍されている作家さん達の期間限定ショップがイムズで行われていてそこでミレットを見ることができますのでよければ是非。

あ、最後に充電させてくれるショップ、飲食店募集中。家庭用100Vコンセントで充電できるので良ければご連絡下さい。

Posted on

明和製作所

家が結構登らないと行けない場所にあって、バイク(原付)を検討していたときに「どうせならEVバイクかな」と探していたら、糸島に素敵なバイクを取り扱っているじゃないですか。ということで電気バイクミレットに試乗するため、明和製作所へ行ってきました。 場所は波多江駅から徒歩8分ほどの住宅街を抜けた場所。こんな所に工場があるんだーって感じでした。

明和製作所

主に電動工具・機具用のモーターを開発製造してる会社で、糸島のもの作りの拠点と言った印象でした。試乗してみたかっただけでしたが、担当の栗原さんがとても親切に説明してくれました。

ミレット

で、これがミレットです。燃料タンクがないのでスリムです。電気が切れても良いように、TOMOSみたいにペダルもついています。試乗中の写真とかとれば良かったな。。見た目とてもコンパクトでデザインもとても良い。でもってエンジン?をONにしても全然音がしない(当然)。よくエンジンをかけっぱなしにする事があるので注意して下さいね。。
走行ですが、かなり軽いく加速が速いです。音?と言う音も静かで工場をぐるっと1周してみました。あとは家の坂道がクリアできれば買おうと思います。
最初は、カブ、YAMAHAのEVバイクを検討していたんですが、ミレットはデザイン・コスト両面で◎
ブレイクしそうな予感がします。

Posted on

organで買ったエコバック

エコバック
先月、妻の個展の搬入の後にふらりと大橋へ。大橋といえば、ボンジュール食堂とorganでしょう(ですよね?)
でもって、organで購入したエコバック(1800円位)。肩から斜めがけでからえるから見た目も普通のバックみたいな感じです。これだけデザインされていたらエコバックを使うのも楽しくなりますね。

Posted on

家の植物

エボリューションゴールド
家の植物を紹介。トップページのツンツンした植物は、パンパスグラス。南アメリカの温帯原産の常緑宿根草。1年経って約2倍に成長。物凄く
元気な植物です。
左の写真は、オーストラリアプランツのエボリューションゴールド。本来はもっと円形に育つ常緑小高木です。日当たりのいい場所に置いているからなのか、1年経って約1.5倍に成長しました。
植物があるとなぜか気分が良くなる。不思議ですね。

両筑植物センター




トランペット・ツリー


アスパラ

Posted on

社会環境検定合格

しました。
通勤中の電車での移動中しか勉強してないのによく受かったなと。
(集中して)それが良かったのかもしれないです。

ということで eco people の仲間入りした訳ですが
具体的な行動は決まっていません。
どなたか環境活動している団体に入れて下さい!

以下 eco people 行動指針
1.環境に関心を持つ
2.健康に気を配り、毎日の生活を丁寧に暮らす
3.多様な”いのち”を慈しむ
4.自然の豊かさを楽しみ、自然から学ぶ
5.地域コミュニティをともに創りあげていく
6.それぞれの人や組織を認め、連携し協議する
7.限りある資源を大切にする

できることから始めよう。

Posted on

キュウリ収穫と自給率

とんでもないキュウリ
とんでもないキュウリ

とんでもないキュウリが採れました。(ゴーヤではありません)そういけば FOOD ACTION NIPPON でけいさん!こくさんというサービスが始まっています。国内自給率を集計し生産地、原産地を意識させることで「食」に対する興味や関心を高めていく。
当然バナナは100%輸入。普段何気なく食べているものですが考えてしまいますね。

Posted on

eco検定

社会環境検定試験を受けに西南大学まで行ってきました。結果は…。(自己採点では81点)
仕事には直接関係ないのですが今後必要になるだろうから、そして興味があったので受けてみました。会場はエコな受験者ばかりかな…とか思っていましたが意外と普通でした。学生、社会人、主婦、年配の方とバラエティにとんでいました。

高祖山からの風景
高祖山からの風景