明けましておめでとうございます。
思い起こせば2012年1月17日、自分の誕生日にminne(ミンネ)をリリースさせていただき、2016年4月からは入社以前から関わっていたSDA(福岡移住計画)で走らせていただき、そして色んな機会と縁をいただき、今年2019年1月からmercari(メルカリ)で働くこととなりました。

今まで関わってきた、ハンドメイドのプラットフォーム→コワーキングスペースとしての場作り→フリマ市場としてのプラットホーム と、全く意識していないけど気づけばずーっと、利用者・お客様の「場所作り」に関わっているなと、一貫性を感じています。そしてそこには「機能やスペックだけでは差別化できないもの」があり、それこそ「コミュニティー・ユーザー体験」と言うものがキーになっていると感じています。

minneをやる前のホスティング事業(僕が関わっていたのは
ロリポップ!)は特に競合が多く、初期は機能・スペックで差別化、先行していたのですが、プラットフォームなんて機能的なものはいくらでも真似することはできます。それ以外の領域で差を作ることができなければなかなか良いサービスとしてグロースさせることができません。どこで違いを見い出すことができるのか?ブランディングに近いと思いますが、やはり最近はCS/CX(Customer Success/Customer Experience)が注目される訳です。ペパボ最後の2年間はこれを意識して業務に関わっていましたが、その時はまだCS/CXという言葉もなく、受け入れられるものではありませんでした。

カスタマーのために何が提供できるか、どうすれば気持ちよく利用してもらえるかは、ネットもリアルも根本は同じだという考えなので、今までやって来た経験を元に、mercariではCXという新たな領域でコミットしていきますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(プレッシャーだけどやるしかないぞー 棒読み)