投稿日:

ニコパンこどもなつまつり

大木町にあるニコパンこどもなつまつりに行って来ました。
ニコパンこどもなつまつり7

打ち水をして着々と準備が進む会場。出店は、『おやつやさん(COOK BOOK)』、『靴の絵付け屋さん(万野幸美)』、『冷たいドリンクとかたぬき屋さん(ムトー商店)』、『花火屋さん(筒井時正玩具花火製造所)』、『kotokoto kitchen(山の農園)』『絵本屋さん(ありが10匹)』、『紙屋さん(オカペーパー)』等々どれもとても楽しかったです。
ニコパンこどもなつまつり3

とてもクオリティの高い顔はめ。
表情に出ていますが、午前中とはいえど、とても暑い..。既に33,4度はあった気がします。(当日の久留米の最高気温は37度位だったような..?!)
ニコパンこどもなつまつり2

午後は万野幸美先生による『靴の絵付け屋さん』ワークショップが始まりました。
ちなみに僕の役割は、準備、撮影、片付け、子守りと言った所です。
ニコパンこどもなつまつり6

店内が良い雰囲気。それもそのはず、このニコパンの建物、もとは古い銀行だった建物を改築した店内なのでとてもレトロで落ち着きます。細部にもこだわりを凄く感じるのですがそれもそのはず、ニコパンの奥さんは妻と同級生。以前は東京でデザイナーをやられていたので1つ1つがとてもデザインされているなーと感じました。旦那さんもとても笑顔の言い方(しかも僕と同じ前職はSEだとか)。まさにニコパンは魔女の宅急便に登場するリアルなぐーちょきパン屋さんです。
ニコパンこどもなつまつり5
ニコパンこどもなつまつり1

ワークショップで完成した作品の数々。どれも完成度が高くとても喜んでくれたようでした。ワークショップと言えば、僕も今週末、WordPressのワークショップを糸島応援プラザで行います。全2回で今回は後半の2回目。参加者は埋まっているのですが、また機会があればブログでもお知らせしたいと思います。
ニコパンこどもなつまつり4

投稿日:

kura飲み

21日はナガオカケンメイ氏講演会を聴きに、熊本の長崎書店へ。当日はまさかのトラブルがありましたが、無事熊本に入り、、テーマは「観光とデザイン」と言う内容。Ustで配信されていた様なので詳しくはそちらを参考に。近日公開されるのかな?僕自身観光に携わった仕事をしている訳ではないのですが、地元福岡にずっと住み続けて観光地って何だろうと思うとあまり浮かばない。それって地元を良く知らないのと同じで、恥ずかしいことだなと思う。地元でずっと生活するなら地元を知らないと、なんか勿体ない、地元の人・もの・場所を知って楽しく生活も仕事もしたい。

そういう意味では非常に的確かつシンプルなナガオカさんの考え方、姿勢は共感できるものがありました。懇親会では、ナガオカさんはじめ、熊本の色んな業界の方や長崎書店の和か社長さん?と交流できて楽しかった。

22日は、糸島の studio kura にてここのき主催の交流会(はい、飲みです)へ参加。ここでも良い繋がりができました。お酒は浜地酒造、野菜は地元糸島産、お米ももちろん。皆さん1品ずつ用意している中、僕だけ市販の食べ物…。参加者の多くは地元の作家さん、デザイナー、農業やられている人と様々。studio kura では国内外問わず、アーティストを呼んでイベントを行っている場所で今回初めて行ったのですが、かなり良い場所でもちろん「蔵」がアートスペース。

23日は奥さんがラジオに出演するということで展覧会会場のギャラリーアートリエへ。司会はTOGGYさんだったので、しっかり安産祈願をしてもらっていました。

Love & green の中継

会場の絵ですが所々金色の画材を使っていて、少し角度を変えて見ると、光に奇麗に反射し何とも言えない美しい表情を出し、とても美しい動物達です。ただこの動物たちも絶滅したら2度と見る事がでないと思うと考えさせられます。

角度を変えてみて見ると。。

投稿日:

サイトリニューアル

サイトリニューアル
先週から少しずつリニューアルしていました。といってもベースのテーマを少しいじっているだけです。
ロゴに滅多に使う事のない、Chalkduster フォントを使ってみました。

11月28日でいよいよ奥さんの展覧会が終了します。翌日は搬出でばたばた会場から作品たちを運び出さないと行けません。せっかくの作品(絶滅危惧種に登録されている動物たち)たちはこのまま家に運ばれても人の目にあたることはほとんどありません。そこで今、引き取ってくれる企業・展示スペースがないか動いています。是非とも引き取り先が見つかってほしい所。

また、マイコミブックスから「しあわせを呼ぶ年賀状2011」という年賀状のデザイン本に奥さんのイラストの年賀状が掲載されていますのでよろしければ手に取って見て下さい。(よければ買って下さい)
また、11月から配布されている、エフ・ディのフリーペーパーリトルプレス vol7 にて奥さん(と娘も少し…)が特集されていますので見てみて下さいね。どことなく表紙の女性が奥さんに似ています..。

今日はナガオカケンメイ氏講演会を聴きに、熊本の長崎書店へ。テーマは「観光とデザイン」お申し込みしたけど返事がないのが少々不安ですが、、何とかなるでしょ。
会えるのが楽しみ。

投稿日:

ランタンワークショップ

ランタンワークショップ
ワークショップの様子
週末は、white canvasのイベントで初めてカボチャのランタンを作りました。
参加者の予想以上の沢山のお子さんとお母さんに参加して頂きそれはもう賑やかでした。もちろん僕も、お手伝いで沢山の子供たちのお手伝いしたり、お話ししたりで楽しみました。いやー、子供たちを見るとなんだか癒されますね。
その後は、ちょっとしたパーティー。小宮さんと久しぶりにお会いして、漆の話を初めて聞きました。匂いがアレの匂いがして大変なのは意外。。。
小宮さんは柳川在住の漆職人。本業は明治二年創業の漆仏壇店の営みながら、方やデザイナーとして活動している僕の中ではすごい人。(粋なプレゼントありがとうございました。)

小宮仏壇店 http://komiyabutsudan.com/
individuallocker http://www.individuallocker.com/

個展は11月28日(日)まで開催していますので是非お越し下さい。

投稿日:

万野幸美展覧会『white canvas』

イラストレーター万野幸美 展覧会  white canvas

10月3日(土)から開催予定の奥さんの個展のサイトを作りました。

万野幸美展覧会『white canvas

トップをあわせても全5ページしかありませんが、個展の雰囲気が少しでも伝われば良いなと思います。
実際の絵の大きさは大きいもので幅8m です…8メートル?!
場所は博多リバレインの「ギャラリーアートリエ」です。是非、足をお運びください。また今回の個展を機に、ついに奥さんがTwitterを始めました。よければフォローしてあげてください。

以下は余談。今回のサイトではテストでしか使ったことのないプラグイン,APIを多く使ってみました。
Google Font API…種類はまだ少ないのですが一番イメージに近い Tangerineフォントを使用。
jQuery Supersized…全画面背景を設定できるjQueryプラグイン。イラストや写真サイトにぴったり!
jQuery mouseWheel Plugin…マウスホイールの操作を向上させてくれる
jplayer…使うつもりでまだ使っていませんが、映像に合わせて音が乗るとより一層引き立ちます。
ということでそう、jQueryばかりです。なのでiphoneでも見れますね!

投稿日:

caesu展はじまりました

万野幸美個展作品の制作風景

昨日は、アートリエの小宮さんからのお誘いで、7/31から始まった、「caesu展」のacomiさん、泉山さん達の無事開催お疲れさま会(すいません勝手に付けました)に家族三人で参加してきました。なぜかと言うと、今回のcaesu展の映像に奥さんと、娘がモデルとして参加しているからなんです。まだ映像を見ていないのですごく楽しみにしています!

acomiさんは布作家として活動されている方で、今回のcaesu展の作品でもある日傘は1つ1つが手作り、そして使われている布も様々なデザインのものがあって見応えあると思います。そして映像を作られた泉山さんはH.P FRANCEのプロダクト映像など手がけられている方です。二人に共通するのはもとは東京が出身または活動拠点だったのですが、いまは愛媛そして福岡と拠点を変えられています。

なぜいま福岡なんだろうと泉山さんに質問すると、(かなりうる憶えですが..)福岡は、生活だと何よりも住みやすさ。仕事だとそれなりに自信の活動が見せられる、認知してもらいやすい環境がある的な話だったと思います。(間違っていたらゴメンナサイ訂正します)僕は生まれてずっと福岡に住んでいる人間なので正直わかる!とは言い切れないのですが、「なんでもまずは受け入れる」体質って福岡は強いんじゃないかなーと。だから今の福岡があると思います。まずは色んな事を受け入れる。そして福岡の風土にあった形に少しだけ変えてそれが町に浸透していく。それを繰り返しているのかなと。イギリス情報誌「MONOCLE」の「世界で住みやすい都市ランキング」に福岡市が世界で14位と言われてもずっと住んでいる僕には確かに住みやすいけど世界で14位はピンと来ないですよね..

で、caesu展の後はいよいよ奥さんの個展です。写真は制作現場、というか家の中(僕のいる場所はありません)
ちなみに個展サイトを僕が担当しています。こちらも楽しみにして下さい。

『caesu展』
会期:2010年7月31日(土)~9月26日(日)
会場:ギャラリーアートリエ
出展:acomi(布作家)、泉山朗土(映像)

投稿日:

夏到来

気が付けば梅雨明け。そしてうだるような暑さがやって来た。気分はなぜか盆休み。
週末は、奥さんの祖母の三箇山に。彼女はもう何十年も1人暮らし。相変わらず元気ではあるけど、会うたびに体中にガタがきてるらしく。それに比例して家も少しずつ痛んできているきがする。(家と)共に生活しているから何か見えないもので繋がっているんだろうな、と思った。

今日はすぐ近くにできた「さいとぴあ」の夏祭りに行きつつ、3つほどサイトを作っていました。1つは秋に予定している奥さんの個展のサイトの打ち合わせと試作サイトを駈け足で作成。google font を使ってみましたが良いですね。ただもう少しフォントの種類が増えないと実用には使えないかなーと言った感じ。
他は友達と、とあるプロジェクトの立ち上げのお手伝いでサイトを作成。もう一つはiphoneに付いているsafariブラウザから、Geolocation APIを使って取得した位置情報をロギングするサンプルページとか..これは途中まで。位置はとれるけれどやはり精度が気になる。

当たり前ですが、子供と遊ぶとその分時間が削られますね。だから限られた時間を集中して一気にやらないといけない。んで、これがまたうまく行かない。

投稿日:

画廊カンヴァス

博多織デベロップメントカレッジを経て、博多織職人として活躍されている田代さんと画家の旦那さんの作品を見に赤間の画廊カンヴァスへ行ってきました。

博多織のことを初めてちゃんと聞いた気がします。博多織デベロップメントカレッジでは博多織の伝統技術を習得し、博多織を継承残していくために発足。この学校は10年という期限付き。何故かと言うと、手織りができる博多織職人の高齢化が進み、「あと10年であれば教える事ができる」これが最大の理由。その文化・伝統を守ろうと田代さんは活動されています。

作品は美しさの中にも力強さがある。というか、博多織でできた織物は固くそして丈夫なのでそう感じるのかもしれません。見たことある人には伝わります、よね。

画廊カンヴァスは赤間宿の中にある築80年の古民家。アートを訪ねる月にも参加されています。この画廊の通りは、旧唐津街道の宿場町として賑わった赤間宿ということもあり、古民家も数多く残っていて当時の様子を知ることができます。それと面白いのは出光○○、◇◇出光の看板が沢山あってなんでだろうと聞いたら、出光興産の創始者出光佐三の生地らしい。なので当然、下の名前で話さないとみんな振り向く感じです。出光さんも(時代は全然違いますが)テレビでやっている龍馬伝の岩崎弥太郎のように志しもって成し遂げたんだろうな..

全然違う話題ですがWeb Site Expert #30(30号おめでとうございます)のWordPress特集で少しだけ執筆させていただきました。それと、生協の雑誌『クリム(良品セレクション)』で奥さんの作品の通販が始まりましたのでよければ見て下さい。

投稿日:

Kuala Lumpur Design Week 2010

kualalumpurDW2010

Kuala Lumpur Design Week 2010Japan Young Illustrators Exhibitionsの中で,奥さんの作品が出展されます.
これを機にマレーシアへ行ってみては如何でしょうか.
僕は行く時間も予算もないので遠くから見守る感じです. : – )

 ■Kuala Lumpur Design Week 2010
 クアラルンプール・デザイン・ウィーク2010
 http://www.kualalumpurdesignweek.com.my/2010/
 会期 2010年5月1日(土)~16日(日)
 開催地 マレーシア・クアラルンプール

投稿日:

こども部屋展

こども部屋展
こども部屋展

今日はお昼から天神へ。奥さんたち?の打ち合わせに同行(子供と)
夕方はこども部屋展(天神経済新聞から)の最終日と言う事で搬出のお手伝い?(子供と)
久しぶりに坂口家さんとお会いできたし、奥さんの弟家族とも会えて暖かい雰囲気で楽しかったです。
沢山のお客さんが来られたようで大成功だったようで、何よりもお母さん作家さん達のパワーはすごいなと改めて感じた次第です。子育てしながら素敵な作品をどうやって時間作ってやったんだろうと思うとすごいとしか言いようがない。
関係者の皆様お疲れさまでした。